健康ブログ 2018-01-17


最新のストレス対策


NHKスペシャル キラーストレス第2回ストレスから脳を守れ~最新科学で迫る対処法~より

□マインド・ワンダリング
・状況を悪化させるもう一つの仕組み。

(イ)記憶力・・ストレスの過去の記憶
(ロ)想像力・・未来への想像に対するストレス
目の前の現実(ストレス)だけでない(イ)過去や(ロ)未来へ考えを巡らせてしまう情態。・・心の迷走を「マインド・ワンダリング」と定義。

・ハーバード大学、マインド・ワンダリングに関する大規模な行動心理調査(2,250人成人)
 ○目の前の事を考えていない成人・・47%(マインド・ワンダリングの時間)
 ○目の前の事を考えている成人・・・53%(現実のストレス)
(結論)生活の半分の時間、ストレスに反応しやすい情態であり、生活の半分の時間が「マインド・ワンダリング」の情態であると言える。

・ロックフェラー大学、ブルース・マキューアン教授
 「将来の計画をする為、あれこれ考えてしまい、その間ストレス反応がずっと続いてどんどん脳をむしばみ、心の情態を悪くしている。」


(結論)
カイロプラクティック治療、整体療法、リンパマッサージは骨格・骨盤の調整により間接的に自律神経に働きかけ、脳内の環境を整え、自律神経を改善させ免疫力を強化させます。