健康ブログ 2017-09-22


ストレスがかかった時「ガン」が急速に進行するメカニズム


NHKスペシャル キラーストレス第1回あなたを蝕むストレスの正体より

□ストレスがかかった時「ガン」が急速に進行するメカニズム
オハイオ大学、ハイ教授は、免疫にかかわる遺伝子ATF3遺伝子を確認。
免疫細胞(ガンを攻撃する細胞)の中に存在する、免疫機能を押さえ込んでしまう遺伝子=「ATF3遺伝子」。
ATF3遺伝子は免疫細胞の中で普段は眠った状態。 ところがストレスホルモンが増えて免疫細胞を刺激するとATF3のスイッチがONになり活性化⇒免疫細胞はガンへの攻撃をやめてしまう。⇒さらに慢性的なストレスが続くとガン細胞の増殖への歯止めが掛からなくなりガンが急速に進行してしまう。 

カイロプラクティック治療、整体療法、リンパマッサージは骨格・骨盤の調整により間接的に自律神経に働きかけ、脳内の環境を整え、自律神経を改善させ免疫力を強化させます。