健康ブログ 2017-06-07


ナノ型乳酸菌は小腸大腸で働く


□小腸での働き
吸収率が格段にUpしたナノ型乳酸菌(乳酸菌生産物質)は小腸粘膜組織に取り込まれ、マクロファージ・樹状細胞などを活性化し、さらにT細胞、β細胞を活性化することで、外から侵入してくる異物(風邪・病原菌・花粉・有害物質)、体内で発生する異物(生活習慣病原因物質)を撃退して健康維持を強力にサポートします。

□大腸での働き
大腸内での腸内細菌のバランスも善玉菌が優勢に維持されるためにもビフィズス菌や乳酸菌が優勢に維持されることが重要となります。 それは、腸管運動、腸内クリーン作用の活性化を促し、便秘の改善や腸内物を腐敗させるウエルシュ菌などの悪玉細菌を抑制し、生活習慣病の原因物質を減少させ、整腸作用の正常化に働き、健康維持に導きます。 ナノ型乳酸菌nanoECは大腸でビフィズス菌を増殖させる成分として働きます。

(結論)
カイロプラクティック治療、整体療法、リンパマッサージは骨格・骨盤の調整により間接的に自律神経に働きかけ、腸内の環境を整え、便通を改善させ免疫力を強化させます。