健康ブログ 2017-02-17


■気管支喘息、アトピーと腸内環境


□アレルギーの原因
アレルギーを起こす原因物質であるアレルゲンが体内に侵入すると、それに抵抗する抗体が作られます。 アレルゲンが体内に入ると抗体が脂肪細胞を刺激し化学物質を放出します。化学物質が放出されたことで、体に不都合な症状が出てしまっている状態をアレルギー反応と呼んでいます。

□アレルギー症状の改善
腸内環境が良好なら、免疫システムは正常に働き、体外から入ってきた物質が有害か無害かを間違って判断することにならず、無害な物質に必要以上に攻撃を加えるようなアレルギー反応を起こすことはまずないでしょう。 アレルギー症状(気管支喘息、アトピー)の多くは、腸内環境を整えれば改善していきます。

(結論)
カイロプラクティック治療、整体療法は骨格・骨盤の調整により間接的に自律神経に働きかけ、腸内の環境を整え、便通を改善させ免疫力を強化させます。