健康ブログ 2017-02-17


■乳酸菌の進化、バイオジェニックスの時代


□バイオジェニックス
「乳酸菌生産物質」などの菌体成分のことを「バイオジェニックス」と定義し、乳酸菌の分泌物と菌体成分をエキス化したもので、腸内の悪玉菌の増殖を抑制し、かつ乳酸菌を増やす働きがあります。

□プレバイオティクス
「オリゴ糖」などの乳酸菌(ビフィズス菌)のエサとなる食品。

□プロバイオティクス
腸内環境を改善するヨーグルト、納豆、ぬか漬けなど。
ビフィズス菌、乳酸菌飲料、味噌。

(結論)
カイロプラクティック治療、整体療法は骨格・骨盤の調整により間接的に自律神経に働きかけ、腸内の環境を整え、便通を改善させ免疫力を強化させます。