健康ブログ 2017-01-27


■腸は人体最大の免疫器官


腸は、小腸・大腸の2つから成り立つ器官です。
(1)小腸・・消化と栄養分の吸収
(2)大腸・・水分の吸収と便作り
(3)排便の支配は脳から受けますが、それ以外の動きは腸が”独自”に行う。
(4)第2の脳・・腸内では様々なホルモンが分泌されるなど、まるで脳のように動くため、
         腸は「第2の脳」とも呼ばれます。
(5)腸は人体最大の免疫器官で、免疫細胞の7割以上が小腸に集中しています。(残りの30%は全身に分布)
※「腸は第2の脳」と呼ばれていますが、今では「第1の脳」とも呼ばれ、その重要性が「能力」「体力」「美容」に重要な役割をしています。まさに腸能力?超能力ですね!
(6)腸の老化を予防・改善するには腸内の善玉菌を増やすことが最重要。

(結論)
カイロプラクティック治療、整体療法は骨格・骨盤の調整により間接的に自律神経に働きかけ、腸内の環境を整え、便通を改善させ免疫力を強化させます。