健康ブログ 2014-12-12

ビタミンCの効能 No3 (3-3)

   32種類の効能の(22)~(32)
(22)抗ヒスタミン(アレルギー)作用「花粉症」に効果、「アトピー」には無効。
(23)抗炎症作用(活性酸素、フリーラジカルの捕捉)
(24)発癌物質(ニトロソアミン)の抑制作用。(V-Cの点滴投与)
(25)腸内有用菌である乳酸菌を増殖。
(26)寒さに対する抵抗力の増加。
(27)骨代謝、骨細胞の増殖に関わる。(カイロ治療、骨格調整、バランス維持の補助)
(28)胎児の成長に影響。
(29)成長期の骨格を強固にする。(カルシウムの吸収と代謝、コラーゲンの生成)
(30)軟便作用(便秘気味の人は、V-Cの有効利用をおすすめ)
(31)美肌作用(美肌・シミ・そばかす予防、コラーゲンによる健康な素肌)
(32)脳の機能・・・知能・学習・記憶(神経伝達物質)

以上の様に、ビタミンCの働きはまさに多彩。身体に良い40もの働きが確認され、脳の働きについても何らかの影響を及ぼしており、ビタミンCと脳についての研究はまだ途上で、子供だったらIQが上がるとか、高齢者のボケやアルツハイマーの予防が出来てもおかしくないと思われます。
これだけの働きを実現するにはとてもたくさんのV-Cを補給することが大前提。身体の為にもっと沢山摂りたい栄養素と思います。
「鉄」の吸収の場は、胃。ビタミンの吸収の場は小腸。整体・カイロ療法は、胃、腸の働きを高め,活発にする効果があります。

港区、青山、表参道、外苑前の整体、整体院、
腰痛、肩こり、頭痛、健康にカイロ療法
日本カイロプラクティックセンター南青山
       2014-12-12